河内小学校沿革史

明治6年

5月10日、弘川寺不動院を校舎として創立する。16番小学校と称ず。

7年

位置が北に偏し通学に不便という理由で下河内村光明寺に移転する。

8年

下河内小学校と改称する。

11年

寄付金を募集して、下河内村第177番地字宮の脇に校舎を新築し、移転する。

20年

下河内簡易科小学校と改称する。

26年

河内尋常小学校と改称する。

27年

在学児童増加し増築工事をする。

31年

校地は埋立地によって降下し、校舎傾斜を生じ改築工事をする。 
工事中は仮校舎を弘川不動院におく。

42年

就学義務延長により6学年統制となり、1教室増築する。

大正11年

改築のため校舎全部を取り壊し、校舎2操(東西に並行)を新築。仮校舎を上河内高林寺、下河内光明寺とする。

昭和16年

国民学校令実施につき大阪府南河内郡河内国民学校と改称する。

22年

学校教育法第29条の規定により、大阪府南河内郡河内村立河内小学投と改称する。

24年

校地面積452坪となる。連日の降雨のため西側約3メートルあ石垣崩壊し、教室約半分破壊埋没する。

25年

東側斜面崩壊、石垣築造工事をする。北側の低地に石垣孝築造し、新運動琴130坪完成する。

26年

西側南北に1棟3教室、東側に連続して1棟、西北隅に便所及び倉庫として1棟、合計73坪を建築する。小さな水槽を設けて便所及び給食室に簡易水道を敷設する。

29年

学校図書館法により学校図書館を裁縫室に設置する。

昭和30年

水道施設開通。

31年

校舎2階建1棟(普通教室3、理村室1)新築する。自治法第7条第2項により河内村は河南町となり、校名を南河内郡河南町立河内小学校と改称する。

40年

購買室、保健室、給食室、物置、便所を新築する。

42年

鉄筋2階建校舎を新設。階上2教室、階下管理室を設ける。

43年

東側校舎を取り除き鉄筋2階建新設。階上図書室、階下理料室を設ける。

44年

体育館を新築する。

48年

創立100周年をむかえ、記念碑「手をつなぐ子」を建立する。

49年

鉄筋3階建6教室を新築する。昭和40年新築の建物を取り除き、給湯室、購買室、校務員室、児童便所、職員便所を新築する。

56年

養護学級設置される。給食室の一部を改造し女子更衣室にする。

57年

西側斜面崩壊、防護柵工事をする。

60年

職員室床張り替え工事をする。

2年

4月1日 下河内56番地へ校舎新築移転する。

 

 

4年

住居表示に関する法律にもとづき、学校住所を河南町さくら坂1丁目1番1号と住居表示変更する。

5年

3月17日、創立120周年をむかえる。

6年

さくら坂地区入居始まる。転入生23人を迎え、児童数77名となる。

7年

増築工事に入る。普通教室6、多目的ホール、多目的教室、コンピュータールーム、図工室1(池も新設)

8年

増設工事完成。

9年

 9月コンピューター23台の設置に伴い、教育改革の手段に活用する

14年

学校林ボランティア活動支援事業を受け、茶の木原学校林の整備をはじめる。
16年 学校林活動等で、全国森林レクリエーション協会長賞を受賞する。

17年

児童会のクリーンキャンペーン活動により、子どもさわやか賞を受賞する。

20年

さくら坂南地区入居始まる。
23年 老人会のみなさんとの交流が認められ、子どもさわやか賞金賞を受賞する。