着衣水泳低学年2校時、高学年3校時

 夏のシーズンにむけ、水難事故から身を守るため、

着衣水泳に取り組みました。

 河南町消防署の署員さんからいろいろと教えていただく

予定でしたが、火事が発生したため、署員さんから教えて

いただくことができなくなりました。

 着衣水泳の様子

・服を着て水に入る感覚、動きにくさ、重さ

 自由に体が動かないこと、泳ぎにくさ

 こんな感覚をじかに体でつかむことが、大切

 です。

・また、ビニール袋一つで、うきわ代わりに

 なる。その使い方

・いざという時に身を守る方法を少しずつ

 つかんでいけたと思います。